前期終業式 代表のことばより
2020/10/09

 10月9日(金)5時間目に、放送による前期終業式を行いました。各学年代表児童が、前期がんばったことやできるようになったことについて発表しました。(発表一部抜粋)
1年生・話す人を見て話をきくことができるようになったこと、環境係として、トイレのスリッパを揃えたらきれいになりました。
2年生・だまピカできました。今の教室にはゴミが落ちていません。
3年生・いい姿勢で大切なことを落とさないように聞くことができまし た。出しやすい、使いやすいロッカー、道具箱になるよう整頓できました。
4年生・話し合いが楽しくなった。係の仕事は、自分から、すぐ動きだしができた。
5年生・委員会の仕事で、器具庫のレール掃除をした。ぴかぴかで気持ちもすっきり。また、やってよかったと感じた。
5組・理科では、自分の考えをしっかり書くことができた。算数割り算では、始め分からなかったけど、落ち着いて最後まで問題に取り組んだ。
6年生・委員会では、常時活動だけでなく、プラスの活動が進んでできた。友達との関わりでは、自分も友達も笑顔で生活できるようがんばった。

 校長先生から、子どもたちのたくさんのあいさつ、がんばり、笑顔、手伝いなどについてありがとうの気持ちを伝えてくださいました。最後に、6年生の作文を朗読しました。ここには、思いやりをもって挨拶すること、相手の立場にたって優しく接すること、友達が元気になるよう勇気をもって声掛けするよう努力することなど、「友達の大切さ」について綴られていました。後期は、この6年生の気持ちが全校に広がってくれたらすてきな学校になるなという思いを強くしました。全校のみなさんで、後期がんばっていきましょう。


 





賤南だより10月号(裏)[ 2020/09/29 ]
運動会の練習が、盛り上がってきた? [ 2020/10/14 ]
TOPに戻る